日本語 한국어 大きくする 標準 小さくする

朝大闘球部の成長日記

<<前へ

プロジェクトアドベンチャー講習を終えて?

投稿日時:2012/08/02(木) 10:55

<プロジェクトアドベンチャー>(PA)
 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、元々はアメリカの体育教育から生まれたプログラムで、自然の中での冒険活動や遊び、または丸太や立ち木を利用して作られたアドベンチャー体験の施設を使って、自己との対峙や葛藤、自分自身に対する挑戦、仲間との協力、成功体験、達成感などを体験を通して学べるプログラムです。
日本では1995年に、プロジェクトアドベンチャージャパンが発足して、現在まで学校教育や野外教育、またスポーツチームは企業研修などの分野で普及してきました。

ラグビー部でも一昨年からスマイルアドベンチャーというプログラムを導入し、年に1~2回の研修を受けてきたのですが、今回は僕自身より多く体験し、今後の指導に生かせるようAP(アドベンチャープログラミング)コースに4泊5日で参加してきました。

7月27日、山梨県日野春市の国際自然大学校に13名の受講者と2人のファシリテーターの合計15名が集まって行われた研修は、新しい出会いと発見、気づきの連続でした。
そこには、参加者中1人を除いて自分にとって初対面、名前も年齢も出身も何もかもわからない方たちと出会いから(Meeting)、チームの形成(Forming)、本音のぶつかりあい(Storming)、チームの規律形成(Ruling)、集団としてのパフォーマンスの絶頂(Performing)、別れ/チームの終息(Separation)までを、チームのメンバーに平等に与えられた機会と権限、遊びと挑戦を通して体験出来た大きな喜びがありました。

色んな経験の中でまず思ったことは、チームの目標を達成した時にも、心から嬉しくてメンバーとその喜びを分かち合える時と、心から喜べない時、もっといえば楽しくもないときがあるということでした。
何がそこに関係しているのか、13人のメンバーと色々話し合ったのですが、思ったのは達成する過程で、自分達がそのメンバーの一員として大切にしようとしているものが、成功することだけを考えるあまりに、どこかに追いやられたときそういったことがありました。
たとえば、それはチームのルールを守ることだったり、一人一人が全力を出し切ることだったり、全員が関与することだったり。。。

PAの基本概念に<チャレンジバイチョイス>(何にチャレンジするかは挑戦者に委ねられている)、<フルバリューコントラクト>(全ての価値を尊重する)というのがあります。
まだその概念をしっかり理解出来てない面もありますが、ある挑戦に対して同じ結果でも、その過程がどうだったかによって、メンバーの感情は大きく左右されると感じた体験でした!

7月27日~31日の午後4時まで、その期間メンバー同士は基本的にニックネームで呼び合いました。
お互いの本名や年齢、背景などに興味がなかったわけでもないのですが、やはり出会って日の浅いことからの遠慮と、もう一つは普段対人関係をする上でどのように人に接するかに関わってくるそういったことよりも、先入観無くその人がどういう人なのかによりフォーカスして過ごしました。 
名刺交換は5日目のコース終了後の別れの時にしたのも、珍しいことでした。

プロジェクトアドベンチャー講習を終えて?

投稿日時:2012/08/02(木) 10:55

<プロジェクトアドベンチャー>(PA)
 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、元々はアメリカの体育教育から生まれたプログラムで、自然の中での冒険活動や遊び、または丸太や立ち木を利用して作られたアドベンチャー体験の施設を使って、自己との対峙や葛藤、自分自身に対する挑戦、仲間との協力、成功体験、達成感などを体験を通して学べるプログラムです。
日本では1995年に、プロジェクトアドベンチャージャパンが発足して、現在まで学校教育や野外教育、またスポーツチームは企業研修の分野で普及してきました。

ラグビー部でも一昨年から取り入れて、年に1~2回の研修を受けてきたのですが、今回は僕自身より多く体験し、今後の指導に生かせるようAP(アドベンチャープログラミング)コースに4泊5日で参加してきました。

7月27日、山梨県日野春市の国際自然大学校に13名の受講者と2人の講師の合計15名が集まって行われた研修は、新しい出会いと発見、気づきの連続でした。
そこには、参加者中1人を除いては自分にとって初対面、名前も年齢も出身も何もかもわからない方たちと出会いから(Meeting)、チームの形成(Forming)、本音のぶつかりあい(Storming)、チームの規律形成(Ruling)、集団としてのパフォーマンスの絶頂(Performing)、別れ/チームの終息(Separation)までを、チームのメンバーに平等に与えられた機会と権限、遊びと挑戦を通して体験出来た大きな喜びがありました。

色んな経験の中でまず思ったことは、チームの目標を達成した時にも、心から嬉しくてメンバーとその喜びを分かち合える時と、心から喜べない時、もっといえば楽しくもないときがあるということでした。
何がそこに関係しているのか、13人のメンバーと色々話し合ったのですが、思ったのは達成する過程で、自分達がそのメンバーの一員として大切にしようとしているものが、成功することだけを考えるあまりに、どこかに追いやられたときそういったことがありました。
たとえば、それはチームのルールを守ることだったり、一人一人が全力を出し切ることだったり、全員が関与することだったり。。。

PAの基本概念に<チャレンジバイチョイス>(何にチャレンジするかは挑戦者に委ねられている)、<フルバリューコントラクト>(全ての価値を尊重する)というのがあります。
まだその概念をしっかり理解出来てない面もありますが、ある挑戦に対して同じ結果でも、その過程がどうだったかによって、メンバーの感情は大きく左右されると感じた体験でした!

7月27日~31日の午後4時まで、その期間メンバー同士は基本的にニックネームで呼び合いました。
お互いの本名や年齢、背景などに興味がなかったわけでもないのですが、やはり出会って日の浅いことからの遠慮と、もう一つは普段対人関係をする上でどのように人に接するかに関わってくるそういったことよりも、先入観無くその人がどういう人なのかによりフォーカスして過ごしました。 
名刺交換は5日目のコース終了後の別れの時にしたのも、珍しいことでした。

大学生にとっての学業とソジョ(クラブ)

投稿日時:2012/07/14(土) 09:21

今週木曜日、大学では学術発表会が行われました。
ラグビー部員の中でも4年生を中心に、日頃の研究の成果を発表していました。
写真は、体育学部4年生の金淳志、「朝大ラグビー部のリハビリ環境に関する調査報告」、二枚目は同じく体育学部4年の金大宇、「朝大生の欠食に関する研究」の論文発表です。
大学で勉強とソジョ(クラブ)を両立させることはとても望ましいのは言うまでもありませんが、自際にそれが出来ているトンムたちは、そんなに多くなく、出来ている学生達はその分濃密な時間を過ごしていると思います。
特に近年は体育会の競技志向のソジョに入らない傾向がありますが、大学というステージで時には肉体的にも精神的にもキツイ中で、是非「両立」にチャレンジをしてほしいと思います。
(中には練習が終わった後から明け方まで、アルバイトに行っているトンムたちもいます。)

そういった中で、今よりももっとラグビー部の仲間を増やしていくためには、ソジョ(クラブ)の魅力を今よりも創造して伝えて行くことも非常に大切だと思います。
個々人のスポーツへの関わり方、モチベーションは本来自由なものですが、その中で、メンバーの成長などの理念、ソジョ(クラブ)の強化のための過程、そして共にそれらを目指す仲間を幅広く増やしていくという課題が問われています。

今日は、ラグビー部37期~40期までの若いOBたちが全国から集まって同窓会をするということで、お呼ばれしました。 久しぶりの再会を楽しみながら、色んな話が出来ればと思います。

 

体育学部4年 「朝大生の朝食欠食に関する研究」7月14日練習

大学生にとっての学業とソジョ(クラブ)

 written by 芮 達洙 投稿日時:2012/07/14(土) 09:21

今週木曜日、大学では学術発表会が行われました。
ラグビー部員の中でも4年生を中心に、日頃の研究の成果を発表していました。
写真は、体育学部4年生の金淳志、「朝大ラグビー部のリハビリ環境に関する調査報告」、二枚目は同じく体育学部4年の金大宇、「朝大生の欠食に関する研究」の論文発表です。
大学で勉強とソジョ(クラブ)を両立させることはとても望ましいのは言うまでもありませんが、自際にそれが出来ているトンムたちは、そんなに多くなく、出来ている学生達はその分濃密な時間を過ごしていると思います。
特に近年は体育会の競技志向のソジョに入らない傾向がありますが、大学というステージで時には肉体的にも精神的にもキツイ中で、是非「両立」にチャレンジをしてほしいと思います。
(中には練習が終わった後から明け方まで、アルバイトに行っているトンムたちもいます。)

そういった中で、今よりももっとラグビー部の仲間を増やしていくためには、ソジョ(クラブ)の魅力を今よりも創造して伝えて行くことも非常に大切だと思います。
個々人のスポーツへの関わり方、モチベーションは本来自由なものですが、その中で、メンバーの成長などの理念、ソジョ(クラブ)の強化のための過程、そして共にそれらを目指す仲間を幅広く増やしていくという課題が問われています。

今日は、ラグビー部37期~40期までの若いOBたちが全国から集まって同窓会をするということで、お呼ばれしました。 久しぶりの再会を楽しみながら、色んな話が出来ればと思います。

 

体育学部4年 「朝大生の朝食欠食に関する研究」7月14日練習

春シーズン最終試合と打ち上げ&MVP

投稿日時:2012/07/10(火) 09:00

2012年春シーズンの最終試合が7月1日、朝鮮大学校第二運動場で行われました。
当日は雨の心配もありましたが、無事試合を行う事が出来ました。

試合は、前半3対1、中半1対1、後半0対3で、トライ数4-5で負けました。(キック無し)
試合終了後は、久しぶりにみんなで春シーズンの打ち上げを、七輪の焼肉を囲んで美味しく頂きました。

春のMVPは下記の選手たちが選ばれました。
FW 朴祥弘(4年、九州出身)
BK 白承大(4年、東京出身)

7月は週三回の活動に切り替えて、春に積み上げたブロックを崩すことなく、またところどころを修正しながら、夏の準備をしていきたいと思います!

引き続き、宜しくお願い致します。

«前へ

<< 2020年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ